今晩は。

 

またもやラジオからの連想で。

 

小学校の時に、5年生6年生と、海の学校があった。

たしか、臨海学校と言っていたと思うが、定かな記憶ではない。

 

2泊三日の海。

大きい部屋で、寝たような。

よく覚えていない。

 

海辺に行くと、

まず、クラスのみんなで砂山を作る。

そこに、自分の名前をかいた、おしゃもじを突き立てる。

親にでっかくマジックで名前を書いてもらったおしゃもじ。

これが重要な役目をする。

海に入って、出る。

そうすると、子供たちは、自分の名前の書いてあるおしゃもじをもって、

体育坐りで集合。

 

もしも、砂山におしゃもじが残っていたら、

まだ上がってこない子供がいる、

という仕組み。

 

なんとものどかなチェックの仕方。

 

事故は一度もなかったけれど、

先生方もわりとのんきに構えていたのかもしれないなあ。

 

今は、怖くて、子供たちを学校で、海になんか連れていけないものね。

そうでもないかな。

地域にもよるのかな。

 

わかりやすいっちゃ、わかりやすいチェックの仕方。

誰が考えたんだろう。

大人になって、このことを話したら、

うちの学校もそうだった、

っていう人に会っていない。

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村

ありがとうございました。