ちょっとした縁で、お知り合いのアーティストの方に

Alvarez・Yairi エレアコギター WY-1[アルヴァレズ・ヤイリ]【送料無料】【smtb-u】

Alvarez・Yairi エレアコギター WY-1[アルヴァレズ・ヤイリ]【送料無料】【smtb-u】
価格:148,000円(税込、送料込)



↑↑コチラのモデルをお借りして試奏させてもらってます。
お借りしているのは、2006年製なんでピックアップは最新モデルと
異なるようですが、以外はほぼ同じスペック。

トップ材:シダー単板
サイド、バック材:ローズウッド合板


非常に弾きやすいエレアコです。
ネックは細いし(これ以上細いと逆に弾きにくいですが)、弦高も低く
ハイポジションもプレイしやすい感じ。

さて気になる音。
トップがシダーってことでスプルースとの違いは感じます。
なんかやわらかい感じの音です。

それよりも、印象的なのはドレッドノートのアコギ達に比べると
感じてしまうのが音の「うすっぺらさ」。
当然ボディもうすいわけですが
以前持ってたグレッグベネットのエレアコと似た感じの音。
(コレもトップがシダーでしたね)

「うすっぺらさ」っていうと悪いようなイメージですが
「ボディの響いている感が少ない」って感じが正しいかも。
ある意味コレは、エレアコでは重要な要素って思います。
何といってもラインにつないでどうかがエレアコですから。

当たり前ですが、生音だけで比較すると所有する「YW-1000」が
断然自分は好きですが、ライブにおいてどこのライブハウスでも

安定した音が出せそう(あくまで感覚です...)

なのが魅力的なモデルです。
なんたって世界中のアーティストが愛用するモデル。
僕のようなモノにはわからない魅力が満載なはずです。

安定した音が出るかどうか...
一度ライブで試してみたいもんですね。